Menu

NICUで適切な看護ケアを行うには

NICUでは、早産や低体重、先天性の疾患などによって生命の危機が迫った新生児のケアが行われています。
こうした現場で働く看護師は、体温や脈拍、心拍数などのバイタルチェックだけでなく、様々な不安を抱える両親のサポートを担当することがあります。
自信をもって日々の業務に取り組むためには、職場内の業務研修で新生児の看護ケアのポイントを押さえたり、通信教材やセミナーなどを利用して看護技術のスキルアップを図ったりすることが大切です。
また、医師や同僚の看護師、新生児の親などと情報を共有するために、継続してコミュニケーションスキルを磨くことも必要となります。

多くの看護師が勤務している総合病院のNICUでは、優秀な人材を育てるためにマンツーマンの教育を行ったり、新生児の看護ケアの資格取得支援を行ったりするところが多くあります。
NICUで適切な看護ケアを行いたいのなら、就職前に院内見学をし、無理なく働ける環境が整っているかどうかじっくりと見極めることが肝心です。

NICUでの勤務経験がない人は基本的な業務を覚えるまでに時間が掛かるため、個別の教育プログラムを用意してくれるところや、先輩看護師の指導を受けられるところを就職先に選びましょう。
NICUの仕事内容に関心があれば、実際に新生児の看護ケアに長く携わっている看護師のアドバイスを聞いたり、転職希望者を対象とした就職相談会に参加したりすることが大事です。

以上NICUについて簡単に触れてみましたが、もしこの記事を読んでNICUでの仕事に関心を持ってもらえたのなら、小さな命を救え!NICUのお仕事というサイトにも目を通してみてください。